21:39 2018年07月18日
イギリス 刀で武装したテロ未遂犯、ウィンザー城と間違えパブに到着

イギリス 刀で武装したテロ未遂犯、ウィンザー城と間違えパブに到着

© AFP 2018 / CARL COURT
災害・事故・事件
短縮 URL
0 0 0

ロンドン・バッキンガム宮殿の警察官に刀で襲いかかったのは、自動車配車システム・ウーバー(Uber)のタクシー運転手を務める男。GPSナビの誘導ミスのため、当初の目的であるウィンザー城とは異なる場所に行き着いた結果の犯行だった。英ガーディアンが伝えた。

スプートニク日本

テロ容疑者の男(26)は8月25日、バッキンガム宮殿前に車を乗り付け、アラビア語で「神は偉大なり」と叫びながら護衛警官を襲ったものの、催涙ガスによって取り押さえられた。

その後の審問で明らかになったのは、容疑者は事件の2時間前にルートン市の自宅を出て、このときは、英女王夫妻が休日を過ごすウィンザー城を襲撃しようと考えていたこと。しかし、案内要求を間違えて認識したナビゲータによって、城と同名のパブに誘導されてしまったという。

ウィンザー城の襲撃を断念した容疑者は、車の運転を続けロンドン市内に入り、最終的に、英女王のロンドン公邸であるバッキンガム宮殿の前に辿り着いた。

容疑者の男はテロ罪として起訴された。

タグ
英国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント