16:23 2019年12月15日
災害・事故・事件

京都 10代の女性患者にわいせつ行為の疑いで鍼灸院院長が逮捕

災害・事故・事件
短縮 URL
0 10
でフォローする

京都府警中京署は4日、鍼灸院で施術を装って女性の体を触ったなどとして、準強制わいせつの疑いで京都市中京区の鍼灸院長の男(49)を逮捕した。産経新聞が伝えた。

スプートニク日本

同署によると、容疑者は今年6月10日午後5~7時ごろ、同鍼灸院で施術を装って10代の女性を全裸にし、胸を触ったりした疑いが持たれている。容疑者は「わいせつなことはしたが、わいせつな気持ちではやっていない」と容疑を一部否認しているという。その際、本人は「タイ古式マッサージをする」「婦人科のツボがある」などと話していたという。

産経新聞によると、容疑者は女性の両親に警察に相談に行くと言われ、6月中旬に自ら同署に「女性にいかがわしい行為をしてしまった」と連絡した。

また8月31日には奈良県警奈良西署が、同県生駒市の会社員の男(23)を、奈良県警奈良西署は31日、女性に自身の下半身を触らせるわいせつな行為をしたとして、強制わいせつ容疑で逮捕したことが伝えられていた。

タグ
逮捕, 事件, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント