06:57 2020年05月26日
災害・事故・事件
短縮 URL
134
でフォローする

朝鮮民主主義人民共和国が大陸間弾道ミサイル(ICBM)を西岸に移動している様子を韓国の情報機関が認めており、北朝鮮が新たにICBMを発射する恐れがある。韓国メディアのアジア・ビジネス・デイリーが情報筋の話を引用して伝えた。

スプートニク日本

メディア報道によると、ミサイルの輸送は、6回目の核実験を実施した翌日の9月4日に行われていた。ICBM製造は、これに特化した軍事研究所が担当しているという。

韓国国会の部門委員会では、北朝鮮が建国記念日の9月9日前後にミサイルを発射する可能性があるとの予測が提出されている。

北朝鮮は3日、大陸間弾道ミサイル用の水爆弾頭実験が成功したと発表した。北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が自ら実験実施の命令に署名した。

タグ
北朝鮮, 韓国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント