00:19 2018年08月21日
太陽

最大級の太陽フレア発生 地球への影響もあり得る

© 写真: NASA's Marshall Space Flight Center
災害・事故・事件
短縮 URL
0 143

過去12年間で最大規模の太陽フレア(太陽面爆発)が6日、レーベジェフ物理学研究所太陽エックス線天文学研究室の研究員たちによって確認された。爆発は2つの大型黒点群が合流した結果、発生した。「スプートニク」が伝えた。

スプートニク日本

今回起きた太陽フレアのX線強度はX等級の9.3とされ、観測史上5本の指に入る規模の大爆発となった。なお前回の太陽フレアは2005年9月7日に確認されていた。

同研究室のセルゲイ・ボガチョフ氏によると、この記録的な爆発は、地球の無線通信に障害を及ぼし、モスクワの緯度でオーロラを発生させるほどの規模だという。

地球に起こり得る現象については、同氏は「すべての太陽フレアが地球に影響を与えるわけではないが、今回の爆発は太陽面の中心付近で発生したことがわかっているため、ざっと見る限りでは何らかの影響があるだろう。爆発規模は大きく、中心に近い場所で起きていることから、何の影響もないとは考えられない」と見解を述べた。

しかしながら、今回の爆発の結果生じる現象は、現時点では正確に予測できない。

タグ
宇宙
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント