23:03 2019年07月21日
ジュネーヴ

ジュネーブの配管工が下水道で数万ユーロを発見

© Fotolia / Mny-Jhee
災害・事故・事件
短縮 URL
111

スイスに拠点を置く金融持株会社UBSグループAGのジュネーブ支部で何者かが便器から数万ドルを流すに至った理由について、スイスの検察当局では解明を試みている。ブルームバーグが伝えた。

スプートニク日本

発端は数か月前、複数枚の500ユーロ紙幣が金庫近くのトイレで発見されたことに始まる。その数日後、隣接する3軒の飲食施設で便器に紙幣が詰まっているのが見つかった。ブルームバーグによると、配管工が各施設で行った排水管異物除去・洗浄料金は、数千スイスフランになった。

警察は、紙幣の多くがハサミのようなもので刻まれていることに着目。

検察当局のヘンリー・デラ・カサ氏は「スイスでは金銭の廃棄は犯罪ではないが、その背景には何らかの事情があると見て捜査を開始した」と述べたものの、詳細については発言を控えた。

タグ
スイス
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント