21:09 2018年08月19日
ザッカーバーグ氏

フェイスブック社、メキシコ地震被災地に巨額の寄付へ

© Sputnik / Vladimir Astapkovich
災害・事故・事件
短縮 URL
0 02

大手ソーシャルネットワーク(SNS)のフェイスブック社は、メキシコ大地震の被災地支援のためメキシコ赤十字社に100万ドルの寄付を行う。フェイスブック創始者のマーク・ザッカーバーグ氏が表明した。

スプートニク日本

ザッカーバーグ氏は自身のSNSページに「フェイスブック社はメキシコ赤十字社に被災地の人道支援のため100万ドルを寄付する」と書き込んだ。また、同社では「ユニセフ(国連児童基金)との協力」内容として、メキシコへの寄付金がSNSを通じて同機関に入る場合に手数料を徴収していないことも明かした。

現地時間午後1時14分、マグニチュード7.1の地震がメキシコ南部のプエブラ市付近で発生。強い揺れはメキシコシティでも感じられ、建物倒壊などの被害が報告されている。この地震による死亡者は、現時点では230人と確認されている。

地震の悲劇は32年を経て、奇しくも同じ日に繰り返された。メキシコでは1985年の同日、9月20日に大地震が発生しており、これによりおよそ1万人の死者が出ている。

タグ
facebook, メキシコ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント