20:40 2019年11月17日
裁判【アーカイブ写真】

スウェーデン人ジャーナリスト殺害事件 容疑者のハードディスクから複数の女性の斬首映像が見つかる

© Fotolia / Andrey Burmakin
災害・事故・事件
短縮 URL
2512
でフォローする

スウェーデン人の女性ジャーナリスト、キム・ウォールさん(30)を殺害した容疑が持たれているデンマーク人発明家ピーター・マッセン容疑者(46)が所有していたハードディスクから、複数の女性が生きたまま首を切断される様子を撮影した動画が見つかった。ワシントン・ポスト紙が報じた。

スプートニク日本

検察はマッセン容疑者の裁判の前、複数の女性が拷問を受け、斬首され、焼かれる動画が見つかったと発表した。

8月末、コペンハーゲン警察は同市内南東部アマー島で頭部と手足のない女性の遺体を発見した。

​これは約1週間前に行方不明になっていたジャーナリストのキム・ウォールさんの遺体であることが確認された。

ウォールさんは、マッセン容疑者が自作した潜水艇「ノーチラス」号を取材するため、容疑者と共に出航した。

マッセン容疑者はウォールさんを殺害した罪で起訴された。

​容疑者は当初、潜水艇の不具合がみつかったためウォールさんを潜水艇から降ろしたと主張していた。

ウォールさんは見つからず、マッセン容疑者は殺人の容疑で拘束された。

その後、容疑者は供述を変更し、ウォールさんは潜水艇内での事故で死亡し、自分が「海に埋葬した」と主張した。

遺体の司法解剖の結果、性器や胸の部分に切断による傷があることがわかった。容疑者は、4カ月間にわたって調査が続くまで拘留される。警察による捜査が続けられている。

先の報道によると、米フロリダ州で、27年間警察の手を逃れていた殺人ピエロが見つかった。

タグ
裁判所, スウェーデン, デンマーク
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント