13:12 2018年12月12日
災害・事故・事件

マグニチュード5.9の地震が日本東部で発生 気象庁

災害・事故・事件
短縮 URL
111

マグニチュード5.9の地震が福島県沖で発生した。気象庁が発表した。

スプートニク日本

この地震により、福島県では震度5弱の揺れが観測された。東京では震度2の揺れが観測された。これは寝ている人を起こす程度の揺れだ。

気象庁によると、震源地は福島県沖で、震源の深さは50キロ。けが人や被害の情報は入っていない。この地震による津波の心配はないという。しかし、地滑りの可能性があると注意。

東京電力は現在、2011年に事故を起こした福島第一原子力発電所で、今回の地震によって異常が起きていないか確認している。

先ほど、日本で6日17時00分頃、マグニチュード6の地震が発生した。震源地は福島県沖(北緯37.5度、東経144.0度)で、震源の深さは約10kmとされた。

関連ニュース

日本・九州でマグニチュード4.7の地震発生

東日本大震災の予想外の影響が明らかに

タグ
自然, 福島, 地震, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント