12:21 2019年07月16日
ハッカー

英国青年  米CIA元長官のコンピュータ侵入の企てを認める

© Fotolia / Tomasz Zajda
災害・事故・事件
短縮 URL
0 10

英国のハッカー青年は米中央情報局(CIA)元長官ジョン・ブレナン氏など高官のコンピュータに侵入しようと試みたことを認めた。英大手紙ガーディアンが伝えた。

スプートニク日本

同紙によると、ケイン・ゲンブル(18)は、データへの「不正アクセスの試み」、「コンピュータデータの不正変更」など10項目の罪を認めている。

裁判資料では、このハッカーは米連邦捜査局(FBI)のマーク・ジュリアーノ長官補のコンピュータへのハッカー攻撃も企てていたという。

本件の判決は12月15日に言い渡される。

関連ニュース

ケリー米大統領首席補佐官の携帯電話がハッキング被害に遭っていた可能性=メディア

ハッカー・テロリストは、環境災害を引き起こすことができる 露連邦保安庁

タグ
ハッカー, 中央情報局, 英国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント