11:30 2018年07月18日
災害・事故・事件

日本気象台、新燃岳の噴火継続で噴石や火砕流に警戒を【写真】

災害・事故・事件
短縮 URL
0 10

日本気象台は11日、宮崎、鹿児島県境にある霧島連山の新燃岳が先日から噴火を継続していることを受け、火口から2キロの範囲で大きな噴石や火砕流に警戒を呼びかけている。NHKが伝えた。

スプートニク日本

福岡管区気象台によると、新燃岳は12日午前3時に火山灰を700メートルの高さまで噴き上げた。火山灰が宮崎市、宮崎県都城市、小林市、高原町で降ったことが確認された。12日にも降灰は新燃岳の北東から東の宮崎県側を中心に火口から50キロから80キロの範囲で予想されている。

新燃岳では11日午前5時半ごろから連続して噴火が発生している。火口から噴き上げられた噴煙の高さは海抜300メートル。気象庁は、新燃岳で大きな噴火が発生するおそれがあるとして、噴火警戒レベルを「入山規制」3に引き上げてた。

タグ
環境, 火山, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント