09:41 2020年04月02日
災害・事故・事件
短縮 URL
1110
でフォローする

米ジョージア州に住むラモラ・ジャクソン(24)容疑者は、自分の幼い子供2人を殺害した疑いが持たれている。警察は、ジャクソン容疑者が1歳と2歳の息子をオーブンに入れてスイッチを押したとの見方を示している。

スプートニク日本

事件は10月13日にアトランタ郊外南東部のジャクソン容疑者の自宅で起こった。アトランタ・ジャーナル・コンスティテューション紙が報じた。

ジャクソン容疑者は、子供たちの父親ジャミール・ペンさんにビデオチャットで連絡を取った。会話中にペンさんは子供たちに何か起こったことに気づき、警察に連絡した。

ジャクソン容疑者の自宅に到着した警察は、床の上に横たわるジャカーター・ウィリアムス君(1)とケユンテ・ペン君(2)の遺体を発見した。遺体にはやけどの痕があったという。

ジャクソン容疑者の自宅には容疑者とペンさんのもう1人の子供、ジャミール君(3)もいたが、無事だった。また容疑者にはさらに6歳の娘もいるが、事件当時は親戚のところにいたという。

近しい人たちの話によると、容疑者は深刻な精神的問題を抱えており、5年前に容疑者の父親が亡くなった後さらに悪化したほか、幼い子供4人の存在も影響を与えた。なお医師には相談していなかったという。

ジャクソン容疑者は約1カ月前、定期的なベビーシッターを見つけることができず仕事を辞めた。なお容疑者は警察に、子供たちを一時的なベビーシッターに預け、帰宅したら子供たちが死んでいたと供述しているが、警察はこの話を信じていないという。

関連ニュース

27年警察の手を逃れた殺人ピエロが捕まる 米国

米国で4人の生徒とセックスした元女性教師に終身刑の可能性【写真】

タグ
びっくり, 怖い, 殺害, 事件
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント