03:21 2018年10月21日
米教会発砲事件 容疑者、義母と口論 【動画】

米教会発砲事件 容疑者、義母との口論が動機か 【動画】

© REUTERS / American statesmen/Jay Janner
災害・事故・事件
短縮 URL
0 10

米テキサス州の教会で5日に起きた発砲事件で、死亡したデビン・ケリー容疑者(26)は家庭問題で義母と口論となり、事件当日の朝に義母を脅すようなメッセージを携帯電話で送り付けていたことが6日、わかった。共同通信が捜査当局の発表を引用して伝えた。

スプートニク日本

当局者は「テロ事件としての捜査は行っていない」と説明。犯行の動機は人種や宗教とは関係なく、家庭内トラブルの可能性が高いという。容疑者の義母は普段、事件が起きた教会に通っていたが、事件の際は現場にいなかったという。

ケリー容疑者の車からは拳銃2丁が見つかった。当局が入手経路などを調べているほか、教会内に設置されたカメラの映像分析を進めている。ケリー容疑者は逃走したが、衝突事故を起こして車の中で死んでいるのが見つかった。自殺とみられる。

事件が起きたのは、テキサス州のサンアントニオから約40キロ離れたサザーランドスプリングズにあるバプテスト教会。現地時間5日11時30分(日本時間6日02時30分)日曜礼拝中に男が銃を乱射した。現時点では、少なくとも27人が死亡、27人が負傷したと伝えられている。

タグ
発砲, 事件, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント