21:30 2018年06月24日
ヒトラーのろう人形展示

インドネシア ヒトラーのろう人形展示で海外からの批判を招く

© AFP 2018 / Henryanto
災害・事故・事件
短縮 URL
112

インドネシアのろう人形館ディアルチャ(De Arca)は、海外人権団体の批判を受けてアドルフ・ヒトラーのろう人形を撤去した。英スカイニュースが11日に伝えた。

スプートニク日本

2014年から展示されていたヒトラーの人形には、背景に「働けば自由になる」と書かれたアウシュビッツ・ビルケナウ強制収容所の門の写真が設置されていた。来館者が一緒に自撮り写真を撮影できるため、人気が高い展示の一つだった。

スカイニュースによると、米国のユダヤ人人権団体「サイモン・ウィーゼンタール・センター」がこの展示を非難。センター長のエイブラハム・クーパー氏は「全てが間違っている」と主張。

「これがいかに卑しいものか名状しがたい。背景にも嫌悪感を覚える。かつてこの門をくぐり、結局出てくることができなかった犠牲者たちを嘲笑するものだ」と強く批判した。

ろう人形館のマネージャーを務めるジャミ・ミスバ氏は、展示者には誰かを侮辱するつもりはなかったと弁解する。「怒りを招くつもりはなかった。ヒトラーの人形を展示に加えたのは教育目的だった」と説明した。

関連ニュース

NHK、「ごごナマ」のゲストが着用ヒトラーTシャツで謝罪【写真】

ナチス式敬礼の中国人観光客2人を拘束 ベルリン国会議事堂前で

タグ
歴史, びっくり, 展示, 事件, アドルフ・ヒトラー
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント