02:00 2017年12月12日
東京+ 8°C
モスクワ+ 2°C
    アルゼンチン海軍 潜水艦の消息が絶たれた海域での「異音」を報告

    アルゼンチン海軍 潜水艦の消息が絶たれた海域での「異音」を報告

    © AFP 2017/ Telam/Alejandro Moritz
    災害・事故・事件
    短縮 URL
    0 02

    アルゼンチン海軍の潜水艦「サンフアン(ARA San Juan)」の行方がわからなくなっている海域の水中で「異音」が記録された。同軍エンリケ・バルビ報道官の発言を引用したNacionが報じた。

    スプートニク日本
    報道官によると、この異音は、先週15日に潜水艦が最後の通信を行った場所から約48キロ離れた場所で検出された。

    現地にはソナーを積んだ船が既に向かっている。

    英放送局ITVによると、英空軍のボイジャー機も捜索活動のためアルゼンチンに向かった。この他、米国、ブラジル、フランス、ドイツ、ペルー、チリ、ウルグアイとコロンビアの空・海軍も捜索に協力しているとされる。

    潜水艦「サンファン」は、ウスアイア港を出てマルデルプラタに帰還中、15日の通信を最後に連絡を絶った。艦内には44人の乗組員がおり、6日分の酸素量があったとされている。

    タグ
    事件, アルゼンチン
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント