14:13 2017年12月13日
東京+ 9°C
モスクワ+ 3°C
    災害・事故・事件

    沖縄の保育園屋根に米軍機落下物か

    災害・事故・事件
    短縮 URL
    0 07

    7日午前、沖縄県宜野湾市内の緑ケ丘保育園の上空を米軍機が通過した際、施設の屋根の上に何かが落ちたような大きな音がした。保育園の職員が確認したところ、屋根の上に15センチほどの長さの円筒状の瓶のような物が落下していた。共同通信が伝えた。

    スプートニク日本

    当時園庭では約50人の園児が遊んでいたが、けが人の情報はない。現場は米軍普天間飛行場の東約300メートルの住宅地。落下物が何かは判明していない。小野寺防衛相は「米側に照会している。保育園なので、大変心配な出来事だ」と述べ、「仮に米側の航空機についていた物や、落下した物だとすれば、しっかり安全を求めていく」と語った。

    毎日新聞によると、落下物の表面には「US」など英語表記があったという。NHKは、同保育園が普天間飛行場の滑走路の延長線上にあることから、軍用機が頻繁に上空を通過していると伝えている。また読売新聞によれば、この時間帯に大型輸送ヘリ「CH-53」が飛行していたとの情報もある。沖縄県では10月、米軍の大型輸送ヘリ「CH-53E」(CH-53の改良型)が不時着、炎上する事故を起こしている。

    タグ
    沖縄
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント