14:48 2019年07月18日
スマートフォンでウイルス

仮想通貨マイニングによりスマホを破壊する新型ウイルスが発見

© Fotolia / Georgejmclittle
災害・事故・事件
短縮 URL
0 42

大手サイバーセキュリティ企業「カスペルスキー・ラボ」は、仮想通貨をマイニング(発掘)することでスマートフォンを停止させる新型ウィルス「Trojan.AndroidOS.Loapi」を見つけたと発表した。

スプートニク日本

同ウイルスはDDoS攻撃も行い、ユーザーに大量の広告を送り、SMSの発着信を制御するほか、アンチウイルスソフトを削除すらする。

このウイルスは、悪意を持った攻撃者の広告サイトに移る際に感染する。何よりも、アンチウイルスソフトのインストールを勧めるバナーや「成人向け」バナーに仕込まれている。ダウンロード後、ウイルスは同意するまで管理者権限を求め続ける。

スマートフォン版のアンチウイルスソフトによってウイルスの活動を停止しようとすると、ウィルスはデバイスの画面をブロックする。

ウィルスが行うオペレーションは負荷がかかりすぎるため、スマートフォンは停止する。仮想通貨「monero」のマイニングはデバイスを物理的に破壊するという。ウィルスを研究するため感染させたスマートフォンは2日後にはバッテリーが爆発した。

関連記事

ブロックチェーンのスタートアップ 30秒で2500万ドルを売り上げ

ビットコイン バブルか未来の金銭か

タグ
仮想通貨・暗号通貨, ハッカー, コンピュータウイルス, 事件
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント