00:19 2020年08月15日
災害・事故・事件
短縮 URL
144
でフォローする

モスクワに住む男性がVR(仮想現実)ゴーグルをつけて家を歩いていると、頭部に重傷を負い死亡した。ニュースサイト「モスクワ」がモスクワ市調査委員会筋の話として伝えた。

スプートニク日本

これまでの情報によると、44歳の男性がVRゴーグルをつけて家を歩いていると、何かにつまづき、テーブルに倒れ込んだ。男性は頭に切り傷を負い、死亡した。

現在、当時の状況や事故の原因などが調べられている。

関連ニュース

中国のルーファーが死亡 62階建てのビルから落下

ヴァーチャルリアリティにおぼれたロシア女性、脊椎損傷

タグ
テクノ, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント