22:22 2019年07月19日
フィンランドの空港で航空機のドアが突然閉まりドイツ人パイロットが死亡

フィンランドの空港で航空機のドアが突然閉まりドイツ人パイロットが死亡

© Fotolia / Hxdyl
災害・事故・事件
短縮 URL
0 34

フィンランド北部キッティラにある空港で事故が発生した。航空機のドアが突然閉まり、その衝撃でビジネスジェットのパイロットが死亡した。フィンランドの新聞Ilta-Sanomatが報じた。

スプートニク日本

パイロットは50歳のドイツ人で、その場で死亡した。事故当時、機内にはパイロット以外誰もいなかったという。
事故があったのは1月4日。Ilta-Sanomatは警察の情報として、座席数20席の小型機が離陸に向けて準備し、パイロットが操縦室に入ろうとした時に突然ドアが閉まり、その衝撃でパイロットが死亡したと伝えた。

マスコミによると、事故があったのはビジネスジェット「ガルフストリームG150」。同機はオーストラリアのSkyline Aviation社が保有しているが、ウクライナの首都キエフに登録されている。Skyline Aviation社はウクライナに同機をリースしている。

ガルフストリームG150は、モスクワからフィンランドへ乗客を運び届けた。次の目的地はエカテリンブルクとなる予定だった。
なお、事故の調査が開始された。

タグ
事故, 事件, フィンランド
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント