10:56 2018年10月18日
クリュチェフスカヤ火山、2日連続で火山灰噴出

クリュチェフスカヤ火山、2日連続で火山灰噴出

© Sputnik / Nachinkin M
災害・事故・事件
短縮 URL
0 0 0

カムチャツカ半島のクリュチェフスカヤ火山が活動を続け、水蒸気やガス、火山灰が噴出していると、カムチャツカ火山噴火対策チーム(KVERT)が発表した。

スプートニク日本

それによると、「クリュチェフスカヤ火山では、火山灰を時折含む水蒸気・ガスの噴出が続いている。ただ、新しいマグマは地表には達していない」とされている。標高4750メートルのクリュチェフスカヤ火山からは、水蒸気や火山灰が海抜6千~7千メートルの高さに到達し、状況の観察が続けられている。

クリュチェフスカヤ火山は、ユーラシア大陸にある活火山の中で最高峰。2017年12月5日には、危険度が2番目に高いオレンジ色の航空コードが再び発表されている。

火山関連ニュースはこちら

タグ
火山, カムチャツカ, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント