13:32 2018年12月19日
不明のマレーシア航空370便の捜索活動が再開

不明のマレーシア航空370便の捜索活動が再開

© Sputnik / Andrei Stenin
災害・事故・事件
短縮 URL
0 42

マレーシア政府は、北京に向かう途中2014年に消息不明になった旅客機マレーシア航空370便(ボーイング777)の捜索活動の再開を決定した。シンガポールのテレビ局「チャンネル ニュース・アジア」が乗客の親族が受け取った書簡をもとに報じた。

スプートニク日本

海洋探査を手掛ける米企業オーシャン・インフィニティがマレーシア政府と合意。協議は10月に報じられた。飛行機を発見した場合のみ報酬を支払う条件だ。

書簡によると、探査船は2日、探査ゾーンに入った。

去年1月、マレーシア、オーストラリア、中国は捜索活動の終了を正式に発表。捜索活動で12万平方キロメートルが捜索されたが、発見できたものは機体の破片数個のみだった。

クアラルンプールから北京に向かう「ボーイング777」MH370便は2014年3月8日、離陸1時間後に消失した。239人が乗っていた。

関連ニュース

タイランド湾の海岸に失踪ボーイング機の破片発見か

失踪したマレーシアのボーイング機のパイロット、航空機の意図的な破壊を策定していた

モーリシャス沖で墜落ボーイング機の破片発見

タグ
事故, マレーシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント