02:05 2019年12月06日
RQ-4A Global Hawk

米海軍の偵察機、再びクリミア沖に現れる【写真】

© AP Photo / Remy de la Mauviniere
災害・事故・事件
短縮 URL
129
でフォローする

米空軍の無人戦略偵察機RQ-4 グローバルホークが、ロシアの海岸線に沿って黒海上空を飛行した。軍用機の移動を監視するリソース「Mil Radar」が伝えた。

スプートニク日本

ツイッターに投稿された地図では、無人機がウクライナ南部・東部地域ドンバスの紛争地帯の上空を通過した後、ヘルソン地域で方向転換し、クリミア沖で確認されたことがわかる。無人機はその後、アナパの方向へ向かった。

7日、米海軍の対潜哨戒機「Pー8A ポセイドン」が、クリミア沖の黒海上空で偵察を行った。

関連ニュース

米国の哨戒機がクリミア周辺を飛行

タグ
飛行機, ロシア, 米国, クリミア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント