17:41 2018年04月22日
東京+ 28°C
モスクワ+ 3°C
    米ハワイ、ミサイル攻撃の誤警報 「人為的ミス」と知事謝罪

    米ハワイ、ミサイル攻撃の誤警報 「人為的ミス」と知事謝罪

    © Sputnik / Ivan Zakharchenko
    災害・事故・事件
    短縮 URL
    113

    ハワイで13日、弾道ミサイルの飛来を伝える緊急警報が住民のスマートフォンなどに誤発信された。その後米太平洋軍は「ミサイルは検知されていない」とする声明を出した。共同通信が伝えた。

    スプートニク日本

    誤った警報は現地時間の午前8時10分頃(日本時間14日午前3時10分頃)に発信された。警報はテレビの画面にも流れたほか、ラジオではアナウンサーが読み上げた。当局は、約10分後にツイッターで「ミサイル脅威はない」と否定し、緊急メッセージでも脅威はないと伝えた。

    ハワイ州のイゲ知事は、危機管理を担う州の緊急事態管理局職員が警報メッセージを発信するボタンを押してしまい、「人為的ミス」だったと説明して謝罪した。

    ハワイでは去年12月から月1回、北朝鮮の大陸間弾道ミサイル(ICBM)による核攻撃を想定した警報サイレン試験を実施している。この日はサイレンの誤作動はなかった。

    タグ
    ミサイル, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント