20:33 2018年07月21日
83カ国で危険なベビーフード1200万箱以上回収へ

83カ国で危険なベビーフード1200万箱以上回収へ

© AP Photo / Bob Edme
災害・事故・事件
短縮 URL
131

フランスの乳製品大手ラクタリスは、サルモネラ菌に汚染されたベビーフード1200万箱以上を回収する。同社のエマニュエル・ベニエ最高経営責任者が、仏紙ジュルナル・デュ・ディマンシュのインタビューで明らかにした。

スプートニク日本

ベニエ氏は「83カ国で合わせて1200万箱以上が回収される」と述べた。また同氏は、同社の製品がサルモネラ菌に汚染されていたのをラクタリスが隠蔽していたとされる問題について、「隠蔽しようとしたことは一度もない」と強調し、同社の経営陣は捜査に協力する用意があると述べた。

ベニエ氏はまた「我々の課題は、健康的な製品を市場に提供することだ。もしそれができなかったとしたら、我々はその責任を負う… 訴訟が起こされており、調査が行われる。我々は求められている全てのデータを提供し、捜査に協力している」と語った。

また同氏は、ラクタリスは今回の出来事から「必要な教訓」を引き出し、衛生管理の改善に努めると約束した。

フランス保健相によると、フランスでは35人の乳児がラクタリスのベビーフードからサルモネラ菌に感染した。なお12月8日以降、新たな感染は確認されていない。

先にフランス経済省は、サルモネラ菌に感染する恐れがあるとしてラクタリスのベビーフード600ロット以上の消費、販売、輸出を禁止し、ラクタリスは全世界で7トンの製品をリコールした。

関連ニュース

EU「卵危機」 25ヵ国に拡大

毒グモの卵が付着したバナナがスーパーに 英国

タグ
病気, 子供, 食べ物, びっくり, 事件, フランス
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント