15:03 2019年08月25日
米ハワイのミサイル誤警報 警報システムが「信頼できる」=国土安保長官

米ハワイのミサイル誤警報 警報システムが「信頼できる」=国土安保長官

© 写真 : Pixabay
災害・事故・事件
短縮 URL
0 02

米国土安全保障長官は14日、ハワイ州でミサイル攻撃を知らせる緊急警報が誤配信された問題について、「非常に不運なミス」とし、政府は警報システムが「信頼できる」と述べた。AFP通信が伝えた。

スプートニク日本

誤った警報は13日午前8時10分頃(日本時間14日午前3時10分頃)に発信された。警報はテレビの画面にも流れたほか、ラジオではアナウンサーが読み上げた。当局は、約10分後にツイッターで「ミサイル脅威はない」と否定し、緊急メッセージでも脅威はないと伝えた。

AFP通信によると、事件後、緊急事態管理当局は職員の交代時に「間違ったボタンが押された」ことを確認した。ハワイ州知事によると、誤報を自動訂正する手段はなく、手動対応を要するという。

この事件をコメントしたニールセン国土安全保障長官は14日、米FOXニュースに対し、「政府のシステムが発する警報に従わない人がいるのは困る」とし、「政府のシステムは信頼できる、テストは毎日行っている。今回は非常に不運なミスだったが、警報は生死に関わる。数秒、数分で命が救える」と説明した。

タグ
ミサイル, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント