10:26 2020年08月11日
災害・事故・事件
短縮 URL
101
でフォローする

米マサチューセッツ州に住む66歳の女性は、細菌感染による激しい咳が原因で肋骨が折れた。医学雑誌『ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン』に掲載された記事の中で述べられている。

スプートニク日本

ボストンにあるハーバード・バンガード病院の医師らによると、右わき腹の痛みと空咳に苦しむ女性が病院に訪れた。検査の結果、わき腹の痛みは肋骨の骨折が原因であることがわかった。医師たちは、女性が最近転倒したことはなく、肋骨が折れるような運動もしていなかったため、激しい咳によって肋骨が折れたとの結論に達した。

医師らによると、このような激しい咳は、百日咳にかかり、その肺から百日咳菌が検出された患者によく見られるという。

百日咳にかかると、感染から約2週間後に「犬が吠えるような」咳がはじまり、この期間、患者は肺の空気がほぼ完全になくなるまで咳を繰り返す。

関連ニュース

英国人サーファー、巨大な波に挑戦して背骨を折る

タグ
医学, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント