10:25 2021年01月19日
災害・事故・事件
短縮 URL
168
でフォローする

日本の仮想通貨取引所「コインチェック」は26日の会見で、580億円相当の仮想通貨「NEM」が消えたと発表した。

スプートニク日本

「コインチェック」は「NEM」残高の異常な減りを感知し入金を停止。続いてビットコインを除く全取り扱い通貨の出入金を停止した。

「NEM」は日本で人気の仮想通貨で、コインマーケットキャップによると時価総額で10番目の仮想通貨。「NEM」の入金制限は続いて、入出送金の禁止に代わった。結果、ビットコインを除く全取り扱い通貨の出入金に加え、通貨での出金が停止された。「NEM Foundation」の代表は、今回の盗難が「世界史上最大」だと述べた。

明らかになったところ、「コインチェック」指導部は推奨されていた技術「マルチシグ」を重要視しなかった。同技術は、出金に複数のパスワードキーを必要とするシステム。さらに、同取引所は他の取引所とは違い、仮想通貨の秘密鍵をインターネットから切り離された場所で保存するウォレット「コールドウォレット」を用いなかった。

同社の和田晃一良代表取締役(27)はコールドウォレットが「システム的に難易度が非常に高い」ため、「そこまで至ってなかった」と認めた。

金融庁は現在事実確認を行っている。

関連ニュース

通信アプリ「テレグラム」創設者、仮想通貨詐欺に注意喚起

米財務省、仮想通貨は「進展しつつある脅威」

タグ
仮想通貨・暗号通貨, ビットコイン, びっくり, テクノ, 事件, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント