19:30 2019年10月17日
イーロン・マスク

偽イーロン・マスク、1晩で50万円相当の仮想通貨をだまし取る

© AFP 2019 / PETER PARKS
災害・事故・事件
短縮 URL
0 10
でフォローする

SNS利用者が騙され、1晩で5000ドル(約55万円)相当の仮想通貨が騙し取られる被害となった。犯人らは有名人の偽アカウントを用いてフォロワーに、最小限の投資で利益を約束していた。サイト「BleepingComputer」が報じた。

スプートニク日本

イーロン・マスクやウォーレン・バフェットジョン・マカフィーなどの有名な富裕層の名前でツイッターアカウントを作り、大金をばらまく旨のツイートを投稿し始めた。「BleepingComputer」によると、特に人気が高かったのは、ロケット「ファルコンヘビー」の打ち上げに成功したマスク氏の偽アカウントだ。

トランプ大統領やマスク氏の本物のアカウントのツイートに対するリツイートとして「ありがとう。100イーサ(仮想通貨イーサリアムの単位)をフォロワーに配布したいと思う。下記のアドレスに0.2イーサを送るだけで、2イーラが受け取れます」というツイートがあった。

上記のツイートは1日ほど削除されず残っており、わずか数時間で信用しやすい人々はイーサを送り、計5000ドル強相当の被害となった。サイバーセキュリティの専門家は、誰にでも最小限の投資ですぐに金が手に入ると約束する詐欺師をネット利用者が依然として信用することに驚きを示した。

関連ニュース

通信アプリ「テレグラム」創設者、仮想通貨詐欺に注意喚起

カフェでビットコインを購入しようとした男性、大金を失う

タグ
仮想通貨・暗号通貨, びっくり, 事件, イーロン・マスク
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント