18:24 2021年10月16日
災害・事故・事件
短縮 URL
2012
でフォローする

ロシア・ダゲスタンのキズリャルで18日、ロシア正教会の教会から外に出てきた信者らに向かって不審な男が銃を乱射した。これにより5人が死亡、5人が負傷。スプートニクが伝えた。

スプートニク日本

犯行者はテロ組織に付属しない地元住人のハリル・ハリロフ(22)容疑者。118日、マースレニツァ(謝肉祭)の最終日の礼拝の終了した午後4時半頃、ハリロフ容疑者は教会の建物から出てきた信者らにむかって猟銃から発砲。 容疑者はロシアの治安機関よって殲滅された。

急進主義者の情報活動をモニタリングするSITEのサイトの情報によれば、 事件発生後、 国際テロ組織「ダーイシュ(IS)]から犯行声明が出されたものの、「ダーイシュ」はこれが組織の仕業であることを示す証拠は一切提出していない。

タグ
殺害, 事件, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント