09:10 2019年10月15日
警察

仮想通貨PRIZMの発行元、誘拐強盗に遭う モスクワ

© Sputnik / Vitaliy Belousov
災害・事故・事件
短縮 URL
0 01
でフォローする

モスクワで何者かが仮想通貨「PRIZM(プリズム)」発行元の1人を誘拐し、強盗した。警察は被害総額が140万ルーブル(約266万円)だと算出。また、口座からは1億6000万ルーブル(約3億円)が不正に引き出されたという。ロシアのメディアが報じた。

スプートニク日本

IT企業『ニューラルネットワーク』CEOでプリズムの開発チーフである被害者のユーリー・マイオロフさんは23日に警察に通報した。

マイオロフさんによると、モスクワ北西部のストロギノ地区で4人組の何者かに無理やりメルセデス・ベンツに乗せられ、暴行された後に、2万ドル(約213万円)と身分証明書、携帯2台、ノートパソコンの入ったかばんを盗まれた。物的損害は140万ルーブルだと見られる。

一部の報道では、物に加えて、マイオロフさんの口座から1億6000万ルーブル相当のビットコインが盗まれたとあるが、真偽は明らかではない。

関連ニュース

イギリス初の武装ビットコイン強盗が発生

130万ユーロのチェロ、奏者から強奪

 

タグ
警察, 仮想通貨・暗号通貨, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント