08:08 2020年07月15日
災害・事故・事件
短縮 URL
1100
でフォローする

ドイツ政府のサーバーがサイバー攻撃の被害に遭い、英国のEU離脱(Brexit)に関するEUと英国の議事録やEUとウクライナ、ベラルーシとの協議に関する文書が流出した。独誌シュピーゲルが報じた。

スプートニク日本

攻撃者が政府の情報ネットワークをハッキングし、ドイツ外務省と国防省のデータサーバーが最も被害を受けたことが2月末に明らかになった。攻撃は昨年12月に行われたが、マルウェアの潜伏期間は明らかではない。

ハッカー
© Fotolia / Yeko Photo Studio
シュピーゲルによると、6つの文書が盗まれた。最初に盗まれたのはBrexitに関する文書。ウクライナやベラルーシ関連文書の入ったサーバーへの攻撃はすでに治安機関のコントロール下にあるという。

ドイツのDPA通信によると、サイバー攻撃には「ファンシーベアーズ(APT28)」が関与している可能性がある。ロシア政府を疑う国もあるが、「ロシアの跡」を証明するものは出ていない。

ハッキングされたサーバーは外からの攻撃に対して全く安全だと考えられていたと強調されている。

タグ
びっくり, ハッカー, 事件, ドイツ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント