15:18 2018年08月18日
フランス警察

仏スーパー立てこもりの男、突入時に射殺される

© AP Photo / La Depeche Du Midi
災害・事故・事件
短縮 URL
115

フランス南部トレブで男が人質を取り立てこもっていたスーパー「Super U」に警察が突入し、男を殺害した。フランスのBFMTVが報じた。

スプートニク日本

テレビのアナウンサーは「突入が行われ、人質を取っていた男は殺害された」と伝えた。

マクロン仏大統領は事件をテロと認定した。

マクロン氏は「襲撃、私たちの国、オーブ県、トレブで続いている人質-全てがこれはテロ攻撃だと思わせるよう導く」と述べた。

容疑者は警察との話合いで、パリで起きたテロによる被告の釈放を要求したという。

関連ニュース

ダーイシュに忠誠誓う男、仏スーパーで人質を取る【写真】

タグ
テロ, フランス
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント