13:36 2018年08月16日
ルーマニアの原発で事故

ルーマニアの原発で事故

© AFP 2018 / Daniel Mihailescu
災害・事故・事件
短縮 URL
0 38

ルーマニアのチェルナヴォダにある原発で、第2原子炉の接続が全国のエネルギーシステムから切断される事故が発生した。

スプートニク日本

国営電力会社「Nuclearelectrica」では事故にコメントし、故障が発生したのは技術的な電気システムにおいてであり、原子力の電気システムにおいてではないと強調したと、通信社「Mediafax」は伝えている。

「Nuclearelectrica」では、「専門家らが事案を調査しており、必要な修正作業を行っている」ことを保証し、原子炉の接続の自動切断は人員、住民、環境に対するいかなる否定的影響も与えないと強調した。

それにもかかわらず、地元メディアは、この事故が数日で2回目のものだと指摘。テレビ局「Digi24」による報道では、「『チェルナヴォダ』での問題は、第1ブロックの接続が切断された25日に発生し、第2ブロックは55%の出力で稼働していた」としている。

チェルナヴォダ原発は、ルーマニアで最大の発電所で、国内唯一の原発。カナダの国営企業「Atomic Energy of Canada Limited」によって1980年代に設計された。

タグ
原発, 事故
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント