19:43 2018年08月16日
カジノ

伊聖職者、教会のカネ6000万円をカジノで散財

© Flickr / Clint Bradford
災害・事故・事件
短縮 URL
140

ベネチア・メストレ地区の聖職者が、以前治めていた小教区の金50万ユーロ(約6600万円)を散財した罪に問われている。カジノで負けたという。イタリアのメディアが報じた。

スプートニク日本

2016年10月、フラビオ・ゴッボ氏はスーツケースに荷物を詰め、教会を去った。信徒に向け残された手紙には、疲れがたまり、休みたいと書かれていた。しばらくして、聖職者だけでなく、小教区の口座の金50万ユーロも消えたことが判明した。

こうしたケースでままあるように、賭け事を好むゴッボ氏は最初は自分の金でかけていたが負けが込み、教区の金に手を付けた。

調査を受けたゴッボ氏はすぐに、自身が病的なギャンブル好きだと認め、自らの行いを悔いたあと、どこでいつ金を使ったのかを詳細に語った。

先週、裁判所は執行猶予2年と被害額の全額返済を言い渡した。

関連ニュース

タグ
びっくり, 宗教, 事件, イタリア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント