21:05 2018年05月20日
東京+ 17°C
モスクワ+ 10°C
    フランス警察

    フランス史上最悪のテロ 実行犯に有罪判決

    © AFP 2018 / Pascal Guyot
    災害・事故・事件
    短縮 URL
    105

    ベルギーの裁判所は23日、フランス史上最悪のテロの実行犯とされるサラ・アブデスラム被告に有罪判決を言い渡した。

    スプートニク日本

    被告には、2016年3月にブリュッセルで警官らに武力抵抗したことに対し、禁錮20年が言い渡された。当時、ブリュッセルとフランスの特殊部隊による合同作戦で、アブデスラム被告のほか4人の容疑者が拘束された。

    アブデスラム被告は、130人が死亡、350人が負傷した2015年のパリ同時多発テロ事件の実行犯の1人とされている。

    犯人らは、パリの複数の飲食店で発砲、ボルテール大通りで1人が自爆し、さらにサッカーのフランス対ドイツの親善試合が行われていた「スタッド・ドゥ・フランス」スタジアムで3回爆発があった。

    またロックグループのコンサート中に「バタクラン」劇場が襲撃され、観客が人質に取られた。

    数日後、パリ郊外で実行犯とみられる1人が殺害された。一連のテロに関しては、テロ組織「ダーイシュ(IS、イスラム国)」が犯行声明を出した。

    関連ニュース・記事

    タグ
    被害, テロ事件, テロ, フランス
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント