06:07 2018年11月13日
ピーター・マッセン被告

ジャーナリストのキム・ウォールさん殺害でデンマーク人発明家に終身刑

© AFP 2018 / Bax Lindhardt
災害・事故・事件
短縮 URL
0 15

デンマークの裁判所は、スウェーデン人ジャーナリストのキム・ウォールさんを殺害した罪でデンマーク人発明家のピーター・マッセン被告に終身刑を言い渡した。ロシアのマスコミが報じた。

スプートニク日本

ウォールさんは、マッセン被告の発明について記事を書こうとしていた。8月、ウォールさんは取材のためコペンハーゲンの港でマッセン被告が自らつくった潜水艦「ノーチラス」号に乗り込んだ。

その後、潜水艦が沈没したことがわかった。マッセン被告は救助されたが、潜水艦内にウォールさんはいなかった

キム・ウォールさん
© REUTERS / TT NEWS AGENCY
キム・ウォールさん

当初マッセン被告は、キム・ウォールさんの行方不明とは何の関係もないと主張していた。だが後に被告は供述を変更し、ウォールさんは潜水艇内での事故で死亡し、自分が「海に埋葬した」と語った。 調査によると、マッセン被告が潜水艦内でウォールさんを殺害、遺体を切断した。

コペンハーゲン沖で頭部、腕、脚のないウォールさんの胴体が見つかっている。またその後、ダイバーによって刃物やウォールさんの頭部などが入った袋が発見された。

アネット・ブルキョ裁判官は、裁判所はウィールさんが殺害されたとの結論に達したと述べ、マッセン被告は起こった出来事について「信頼に値する」説明を一切提供しなかったと伝えた。マッセン被告は裁判で、ウォールさんの遺体を切断したことは認めたが、殺害は否定していた。

関連ニュース

デンマークで手足と頭のない女性の遺体が見つかる

タグ
裁判所, スウェーデン, デンマーク
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント