22:38 2018年11月15日
ロンドン警察(アーカイブ)

ロンドン北部の爆発で30人負傷

© AP Photo / Victoria Jones
災害・事故・事件
短縮 URL
0 63

ロンドン北部で発生した爆発の結果、およそ30人が負傷したと、デイリー・エクスプレス紙が2日に伝えた。同紙によると爆発は、ユダヤ教の祝祭日「ラグ・バオメル」を祝う人々が集まったスタンフォード・ヒル地区で起こった。

スプートニク日本

伝統では、この祝祭日には焚火を燃やす。予備的な説の一つによると、爆発の原因となったのは、火を焚き付けるために使われていた液体燃料の不注意な取扱いだったという。別の説では、祝宴を催していた人々の一部が焚火に投げ込んだ携帯電話のバッテリーが爆発したとされている。デイリー・エクスプレス紙は、10人が病院に搬送されたとしている。さらにおよそ20人が負傷したものの、入院は必要とならなかった。

タグ
事件, 英国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント