12:36 2018年05月27日
東京+ 22°C
モスクワ+ 11°C
    火山(アーカイブ)

    カムチャッカ、クリュチェフスキー火山が活発化 5500メートルの噴煙柱

    © AP Photo / Bullit Marquez
    災害・事故・事件
    短縮 URL
    0 01

    カムチャッカ半島では現地時間で8日朝、クリュチェフスキー火山で火山活動が活発化した。火山は海抜5千5百メートルの高さの噴煙を吹き上げた。ロシア非常事態省のカムチャッカ支部広報部が発表した。

    スプートニク日本

    火山灰は南方向に100キロに広がっている。ただし火山周辺の居住区までには灰は達していない。

    また各旅行会社にも火山付近を通る観光ルートを組まないよう勧告されている。現在、クリュチェフスキー火山付近での団体旅行は行われていない。

    火山関連ニュースはこちら

    関連ニュース

    ハワイ火山から噴出の溶岩流で家屋30棟以上破壊【動画】

    ハワイ島 溶岩流が居住区まで 住民に避難命令

    タグ
    火山, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント