20:36 2018年11月22日
コンゴ

コンゴでエボラ出血熱が流行=WHO

© 写真: Nuria Ortega
災害・事故・事件
短縮 URL
0 35

コンゴ民主共和国政府は、エボラ出血熱の流行を発表した。すでに17人が死亡している。世界保健機関(WHO)が発表した。

スプートニク日本

コンゴで前回エボラ出血熱が流行したのは2017年。今回の流行は1976年にウイルスが発見されてから同国ですでに9回目となる。

WHOが確認したところ、コンゴではこの5週間で21件の感染の疑いがあり、うち17人が死亡した。

エボラウイルスが引き起こす疾患は、ヒトや数種類の動物に感染する急性熱性疾患。

エボラ出血熱の流行は2015年、西アフリカで発生した。WHOによると、最近のエボラ出血熱大流行では2万8600人が感染し、死者は1万1300人を越えた。

関連ニュース

エボラ熱の生存者は40年後もエボラへの免疫を有する

エボラが再燃 コンゴで29の感染例

タグ
医学, エボラ出血熱, アフリカ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント