04:39 2018年05月23日
東京+ 18°C
モスクワ+ 17°C
    2014年マレーシア航空370便(アーカイブ)

    専門家:2014年マレーシア航空370便謎の行方不明の裏には、殺人者の機長がいる

    © Sputnik / Alexey Kudenko
    災害・事故・事件
    短縮 URL
    229

    2014年3月に突如消息を絶ったマレーシア航空370便は、機長のザハリエ・アフマド・シャー氏によって意図的に墜落させられた可能性が高い。英インディペンデント紙が報じた。

    スプートニク日本

    調査を行った専門家らは、機長は意図的に航空交通管制官の視野から消えるルートを選び、クアラルンプールから北京に向けて出発した後およそ1時間後に機体をインド洋に向かわせたとの結論に達した。

    航空専門家らは、犯行声明を表したグループが1つもなかったため、機内でのテロ説を完全に否定した。

    英インディペンデント紙によると、専門家らは、機長は酸素マスクを装着し、残りの238人が意識を失うために客室を減圧した可能性があると考えている。人々は酸欠で墜落前に死亡したため、故意の殺人となる。

    MH370便は、2014年3月8日にクアラルンプールから北京に向かって飛び立った後、消息を絶った。同便には、パイロット2人を含む239人が乗っていた。今年1月、捜索活動の一時停止が発表された。乗員乗客は全員死亡したとみなされている。

    タグ
    事件, ウクライナ
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント