10:48 2018年11月19日
MIA「ロシア・セヴォードニャ」と通信社「スプートニク」、ウクライナの制裁リストに含まれる

MIA「ロシア・セヴォードニャ」と通信社「スプートニク」、ウクライナの制裁リストに含まれる

© Sputnik / Konstantin Chalabov
災害・事故・事件
短縮 URL
1112

MIA「ロシア・セヴォードニャ」と通信社「スプートニク」が、更新されたウクライナの制裁リストに含まれた。同リストは24日、ウクライナのポロシェンコ大統領のホームページに掲載された。

スプートニク日本

ウクライナのプロバイダには、以下のサイトへのアクセスをブロックすることが命じられた:「Россиясегодня.рф」、「Sputniknews.com」、「Ria.ru」、「Rsport.ria.ru」、「1prime.ru」、「Realty.ria.ru」、「rian.com.ua」。

MIA「ロシア・セヴォードニャ」のドミトリー・キセリョフ社長は、同社に対するウクライナの制裁導入について、おそらく大統領選挙を前にメディア空間の「清掃」に向けて事を進めている政権の無力さの証拠であると述べた。

5月15日、ウクライナ保安庁の職員が、「リア・ノーヴォスチ」の特派員らが働くキエフのオフィスに押し入り、およそ8時間にわたって立ち入り検査を行った。また15日、キエフで「リア・ノーヴォスチ・ウクライナ」の責任者キリル・ヴィシンスキー氏が拘束された。ヴィシンスキー氏には、独立を宣言しているウクライナ南部・東部(ドンバス)のドネツク及びルガンスク人民共和国への支援と、国家反逆罪の容疑がかけられている。

タグ
ウクライナ, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント