14:58 2018年12月11日
アフリカのマリ出身のマムドゥ・ガッサマさん

パリのスパイダーマン、子ども救出 一方そのころ父親はポケモンGO

© AP Photo / Thibault Camus
災害・事故・事件
短縮 URL
0 72

この数日、アフリカ・マリ出身の不法移民の男性が、パリでマンションのベランダにぶら下がる子どもを救う動画がネット中を飛び回っている。多くの人は「子どもの父親はどこだ?」と疑問を抱いた。答えは、ポケモンGOをしていた。

スプートニク日本

ビジネス・インサイダーによると、パリの検察が捜査したところ、少年の父親はこの時、拡張現実(AR)の世界でポケモンをゲットしようとしていた。

父親は、すぐ戻る予定で少年をベランダで1人にして買い物に出かけた。しかし帰り道でポケモンGOを少しプレーして遅くなった。子どもに対する親の義務に対する怠慢な態度から、父親は禁錮2年を言い渡される可能性がある。

先に、フランスのマクロン大統領は、首都パリの住宅のベランダにぶら下がったまま動けなくなっていた男の子をスパイダーマンのように救出したアフリカのマリ出身のマムドゥ・ガッサマさんに、フランス国籍を与えることを決めた。

タグ
びっくり, 子供, テクノ, ポケモンGO, 事件, フランス
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント