01:59 2018年12月12日
火に覆われている草

チェルノブイリ立入禁止区域で草が燃えている-ウクライナ非常事態省【写真】

© Sputnik / Vitaliy Ankov
災害・事故・事件
短縮 URL
0 42

チェルノブイリ立入禁止区域で約10ヘクタールの乾燥した草が燃えている。5日、ウクライナ非常事態省キエフ州支部のヴィクトリヤ・ルバン報道官が発表した。

スプートニク日本

報道官によると「森林火災は今のところない」。

救助部隊が朝から消火作業を開始したという。ルバン氏は「現場では20以上の機器とおよそ100人が活動している。また航空機やヘリコプターも活動を開始している」と述べた。

先に気象予報士らは、気温が高く、雨が少ないため、ウクライナ全土で火災の危険性が高まっていると警告していた。

最新情報によると、この火災による放射線状況の悪化はなく、原発の施設への脅威もないという。

関連ニュース・記事

タグ
災害, 自然, びっくり, 事件, 火事, チェルノブイリ, ウクライナ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント