08:43 2020年09月21日
災害・事故・事件
短縮 URL
149
でフォローする

イスラエル軍は、シリア側から国境に接近した無人機に地対空ミサイルを発射し、その進路を変更させた。軍広報部が発表した。

スプートニク日本

無人機の種類やその所属、目的などは具体的にされていない。

広報部は「シリア側から接近した無人機にパトリオットミサイルが発射された。結果、無人機は国境から離れた。破壊はなかった」と発表した。

軍によると、無人機に気づいたのはそれがイスラエルの空域に入る前。軍のプレスリリースでは「軍はイスラエルの空域の主権侵害を許さず、その市民に損害を与えようとするあらゆる試みに対抗手段を講じる」と述べられている。

関連ニュース

タグ
ミサイル, 無人機, 軍事, 事件, シリア, イスラエル
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント