03:09 2020年07月04日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

26日、インド洋に浮かぶコモロ諸島沖でマグニチュード5.5の地震があった。ロシア科学アカデミー統一地球物理学庁アルタイ・サヤンスキ支部が発表した。

スプートニク日本

同支部によれば、震源地は、フランスの海外県マヨットの首都マムズから南東60キロの水域。

震源地は南緯13度14分、東経45度29分だった。

震源地の揺れの強さは「破壊的」と評価されている。

地震関連ニュースはこちら

関連ニュース

アルゼンチン・チリの国境地帯でマグニチュード5.6の地震

南太平洋トンガ王国沖で2日間で2回目の強い地震

タグ
地震, 太平洋
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント