17:06 2018年08月21日
インドネシアのソロン市で、住民男性の死を受け292匹のワニが殺される

インドネシアのソロン市で、住民男性の死を受け292匹のワニが殺される

© AFP 2018 / Marvin Recinos
災害・事故・事件
短縮 URL
0 05

インドネシア西パプア州のソロン市で14日、住民男性がワニに襲われて死亡したのを受け、同市の住民らがその報復としてワニ292匹を殺した。ジャカルタ・ポスト紙が報じた。

スプートニク日本

ソロン市の住民らは、ワニに殺害された地元男性を埋葬した後、ワニ農場へ行き、約300匹のワニを刃物で切り殺した。

西パプア州の天然資源保護局は、この出来事を非難した。

保護局の局長は「ワニの殺害は、他人の財産の破壊に関する法律に違反した」と発表した。ジャカルタ・ポストが報じた。

ワニ農場の所有者は、ソロン市のある住民。保護局の局長は、所有者は環境林業省の正式な許可を得ているため、農場は合法的に存在すると指摘している。

タグ
動物, インドネシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント