18:50 2018年08月21日
スウェーデンの鉄道駅が浸水... 浮き輪で移動

スウェーデンの鉄道駅が浸水... 浮き輪で移動

CC BY-SA 3.0 / Tusse / Uppsala domkyrka
災害・事故・事件
短縮 URL
150

スウェーデン全土で強い雨が降り、記録的な暑さの中、同国中部ウプサラの中央駅がプールに様変わりした。

スプートニク日本

複数の乗客が腰まで水につかりながら駅の構内を歩いて移動する中、泳いで移動する人たちもいた。

29日、スウェーデン第4の都市ウプサラの中央駅は豪雨の影響で浸水し、ダイヤに乱れが生じた。当局や緊急時の対応部隊が混乱に対処している間、この状況を夏の娯楽に変え、浮輪を使って楽しむ住民もいた。

地元の写真家サラ・トレンさんは、浸水した駅で水泳用具を使って楽しむ家族を撮影した。
トレンさんはRTテレビに「水はすごく汚かった!でも、どうってことはない… 泳いだ後はシャワーを浴びなければならなかったけどね」、「とっても楽しかったよ。だけど、どうして誰も処置を講じなかったんだろう… 警官も消防士もいなかった… すごく変だ」と語った。

もちろん、誰もが楽しかったわけではない

​ウプサラ中央駅だけでなく、ギャラリー(the Forum Gallery)や病院(Akademiska hospital)も浸水被害に遭った。

タグ
事件, スウェーデン
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント