00:49 2018年08月22日
中央アフリカ共和国は危険地帯に入らぬよう3人を説得

中央アフリカ共和国は危険地帯に入らぬよう3人を説得

© AFP 2018 / Florent Vergnes
災害・事故・事件
短縮 URL
121

ロシア外務省のマリヤ・ザハロワ公式報道官は、TV「ロシア1」に出演した中で、中央アフリカ共和国政権はロシア人ジャーナリスト3人に対し、彼らが殺害される前に、政府の掌握下にない地域に入らないよう説得していた事実を明かした。

スプートニク日本

「残念ながら我々のもとには撮影班がルートを続けようと、すでに暗い時間に出発し、地元治安維持機関に止められたことを裏付ける資料、データーがある。彼らには、公式政権が掌握するゾーンが終わってしまうため、この先に進むのは危険だと警告がなされていた。」ザハロワ報道官はこう語っている。

関連ニュース

中央アフリカ共和国で殺害されたロシア人ジャーナリストらは、期限切れの記者証を持っていたが、同国への訪問は旅行として手続きされた

中央アフリカ共和国で3人のロシア人が殺害 マスコミ情報

タグ
事件, 中央アフリカ共和国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント