10:10 2018年08月20日
日本 密漁の疑いでロシア人船長拘束

日本 密漁の疑いでロシア人船長拘束

© Sputnik / Alexandr Kryazhev
災害・事故・事件
短縮 URL
124

日本当局は1日、同国の排他的経済水域で密漁していた疑いで、トーゴ共和国船籍の船SK-1の船長のロシア人を北海道沖で拘束した。紋別海上保安部が、通信社スプートニクに電話で伝えた。

スプートニク日本

ロシア人のイワン・クチェレンコ船長は、密漁の疑いが持たれている。拘束時、船には船長の他にロシア人10人とインドネシア人3人が乗っていた。海上保安部の巡視船が立ち入り検査をするため船の停止を求めたところ逃走し、逃走は3時間にわたったという。

現在、船長以外の13人は紋別市の沖合で船内にいる。

在札幌ロシア総領事館がスプートニクに伝えたところによると、ロシア側には拘束について知らせがきたが、今のところ当局側からも船長側からも援助の要請はないという。

タグ
露日関係, ロシア, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント