00:46 2018年10月22日
極東

カムチャッカのカリムスキー火山2.5千メートル超の噴煙

© Sputnik / Alexandr Piragis
災害・事故・事件
短縮 URL
0 0 0

カムチャツカのカリムスキー火山が7日、海抜2500メートルの高さまで噴煙を噴き上げた。ロシア科学アカデミー極東支部火山地震研究所のカムチャッカ火山噴火反応グループ(KVERT)が発表した。

スプートニク日本

発表によれば、風向きにより噴煙はその後火山から北東の方向15キロの範囲に広がった。

なお、両火山の噴煙が広がっている地域に居住区はなく、住宅地への降灰は記録されていない。

カリムスキー火山は、上空を飛行する航空機にとっては最も危険な火山の一つで、警戒レベルではオレンジ色となっている。これは火山活動が、低空を飛ぶ飛行機や空港運用に影響を及ぼす可能性があることを意味している。

火山関連ニュースはこちら

関連ニュース

グアテマラ火山噴火、死者159人に

ハワイ、キラウエア火山噴火で23人負傷 溶岩が観光ボートを直撃【動画】

タグ
火山, カムチャツカ, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント