11:07 2018年10月23日
カリフォルニアで山火事

カリフォルニアで山火事が猛威、救助隊員1万4千人超が活動

© ABC 10
災害・事故・事件
短縮 URL
0 35

米カリフォルニア州内で猛威を振るっている山火事の消火活動に、1万4千人を超える消防士が参加していると、ワシントン・ポスト紙が伝えている。

スプートニク日本

先に、NBCニュースが地元当局の情報として、米カリフォルニア州メンドシーノ郡で燃え上がった山火事が6日、同州史上で最大規模の火災となったと伝えていた。

同紙が伝えるところでは、米国防総省は6日、ワシントン州に位置するルイス・マッコード基地から、火災の消火を支援するため、特別な準備を経た後に軍人およそ200人が派遣されると発表した。

先に、全米省庁合同火災センター(NIFC)は、同国内では13州で89件の森林火災が猛威を振るっており、発火の大部分は同国北西部とアラスカ州で起こっていると発表。NIFCのデータでは、2018年の米国における森林火災の面積は、既に1万6700平方キロに上り、年初からの発火件数は3万6千件を超えた。

タグ
米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント